イメージ画像

健康の秘訣は青汁。
大切なのは続けることです。

「青汁の時間」をつくりましょう

私たちが生きていく上で食事をすることは不可欠です。毎日みなさんはなんらかの食品を口にし、そのエネルギーと栄養素で生活を送っています。そんな食生活の偏りを防ぎ、より健やかな毎日を目指すために、青汁という健康食品で補う手段もありますね。

青汁には、私たちが毎日行っている食事だけでは不足しがちな ビタミンやミネラルなどの様々な栄養素が豊富に含まれています。 毎日の食生活に青汁を加える事で、不足分を補いより健康的に過ごすことができるのです。

そんな青汁ですので、飲むのであればぜひ毎日の習慣にしていただきたいと感じます。 上にも書きました通り、食事は毎日行うものですよね。

つまり、栄養素の不足分も毎日発生しているのです。 また、飲む時間帯を決めておくことで飲み忘れを防ぐこともできますので、 ぜひ1日のどこかに「青汁の時間」を作るようにしてみてください。

あなたがもしもダイエットちゅなのであれば、食前に青汁を飲むように習慣づけましょう。青汁で空腹を落ち着かせることで、食べ過ぎをストップする効果が期待できるとともに、青汁の種類によっては当分の吸収を抑え血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるものもあるのです。

また、1日の中でも最もエネルギーを必要としている朝いちばんも青汁の時間に適しています。 自覚はありませんが、私たちの体は睡眠中にたくさんの水分を失い、朝は乾いた状態になっています。 水分補給も兼ねて、ビタミンやミネラルを摂取できるいいタイミングですね。

さらに、夜に飲む青汁も効果的です。近年では、様々なメーカーから数多くの種類のあおじるが登場しています。 生姜やハーブを含んだリラックス効果のある青汁も存在していますので、 温めて快適な睡眠に備えるいい習慣になりそうですね。

青汁には、「この時間に飲んだほうがいい」という決まりはありません。 大切なのは、毎日欠かさず飲みつずけることなのです。 自分のライフスタイルと目的に合わせて、継続に無理のない時間を作ってみてくださいね。

アンチエイジングにも青汁!

美容に敏感な女性のなかには「活性酸素」というキーワードを知っている方も多いでしょう。 酸素は私たち生物が生きていく上で不可欠なものです。

ところがその酸素は、 私たちの体に入りなんらかのきっかけで活性酸素に変わってしまいます。 すると体が酸化を起こし、いわば錆びてしまう現象が起こります。

活性酸素を発生させてしまう原因には様々なものが挙げられます。

ストレス、睡眠不足、紫外線、タバコやお酒、栄養バランスの偏った食事、 汚れた空気や環境汚染、またパソコンやスマートフォンから発せられる電磁波なども原因だと言われています。 現代人の私たちの生活からは切り離しづらい要因がいくつもありますね。

もちろん、私たちの体はそんな活性酸素を消そうとする働きが存在しています。 しかしその機能も、年齢を重ねるごとに低下してしまうと言われているのです。

なぜ美容関係でこのキーワードが盛んに取り沙汰されているのかというと、この活性酸素は 私たちの体に様々な老化現象を引き起こす真犯人だと言われているからなのです。

活性酸素が引き起こす老化現象は、シミやシワ、白髪など美容に関わるものから、 生理不順や更年期障害、糖尿病、心筋梗塞、さらにガンや脳素中などの疾患などが挙げられます。 体内の活性酸素をいかに抑えるかが、アンチエイジングのテーマとなりつつあるのです。

じつは多くの方がご存知の健康食品である青汁には、そんな活性酸素を食い止める抗酸化成分が豊富に含まれています。

多くの青汁に含まれるケールや大麦若葉、明日葉には、みなさんがご存知の通り毎日の食生活で不足しがちな ビタミンやミネラルがふんだんに含まれているのと同時に、体の老化現象を食い止める成分も含まれているのです。

昨今では、若々しく健やかに年を重ねようとアンチエイジングに励む方が増えてきました。 いつまでも元気で、そして美しくありたいと願うのは、女性はもちろん男性であっても抱く感情でしょう。 そんなみなさんにこそ、ぜひ青汁で活性酸素を撃退させてほしいものです。

カルシウム不足にも青汁!丈夫な骨を目指そう

不足がちな野菜の栄養を手軽に摂取できるポピュラーな健康食品である青汁は、 昨今の健康ブームにより今まで以上の多くの方々に愛飲されるようになりました。 野菜不足は多くの方が抱えるテーマです。生きている限り、我々の食生活に野菜は欠かせません。

ところが、忙しい現代人には食事を手軽に済ます手段がいくらでも存在しており、 ついつい外食やファストフードで一食を済ませてしまった…、というケースも珍しくはないでしょう。

いくら野菜が体にいいものだと知っていても、毎日の献立に生かすことは意外と難しいものです。 そんな私たちの食生活だからこそ、青汁を習慣化し改善を図る必要があるのでしょう。

そんな青汁に、カルシウムが含まれていることをご存知でしょうか?

カルシウムといえば、私たちの体の骨や歯などを形作る栄養素で、牛乳や小魚から摂取するイメージがありますよね。 体を形作る材料としても有名ですし、またカルシウム不足が「イライラ」の原因になるということも有名です。

青汁の中に牛乳や小魚が入っているとは考えづらいし、なんだか意外に感じてしまうかもしれません。 ところが、青汁に含まれる野菜のなかには、カルシウムを多く含んだ原材料もいくつか存在しているのです。

例えば多くの青汁に含まれているケールも、カルシウムの豊富な野菜だと言われています。 また、モロヘイヤや小松菜、パセリや大根の葉っぱにもたくさんのカルシウムが含まれているのです。

もちろん青汁ですので、含まれているのはカルシウムだけではありませんね。 ビタミンやミネラルなど、普段の食生活ではどうしても不足しがちな栄養素も補うことができるのです。

近年では、様々なメーカーが数多くの種類の青汁を発売しています。 それぞれが異なる特性を持っていますので、青汁選びでは自分のライフスタイルや 目的に沿った栄養素を多く含むものを確認して購入しましょう。

カルシウムは多くの日本人に不足しがちな栄養素です。 青汁の中には、カルシウムを特に多く含んだ商品も存在していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

このページの先頭へ